予防と対策

若返りは日常生活から

美容

年をとると必ず目立ってくるのがしわやたるみです。しかし、同年齢でもほとんどしわもたるみもない人もいれば、しわやたるみが深刻な人もいます。 睡眠をしっかり取る、栄養バランスの取れた食事をする、ストレスを溜めない、紫外線予防を怠らないなど、普段の心がけ次第で同級生に肌年齢で差をつけることができます。 スキンケアをしっかりすることも大切ですが、スキンケアをし過ぎて肌を甘やかしてしまうのも肌老化を早める結果となるので注意が必要です。 大事なのは化粧品や美容サプリメントよりも、普段の規則正しい日常生活です。サプリメントはヒアルロン酸やプラセンなどの美容成分よりも、ビタミンC、ビタミンEなど栄養素のサプリを飲めば足りない栄養を補えます。

気をつけた方がいいこと

出来てしまったしわやたるみを改善するのは難しいですが、これ以上深くなるのを予防することはできます。まず、普段美容のためにいいと思っていることが、実はしわやたるみを悪化させている可能性があり、そうした習慣を見直すことが大事です。 美顔ローラーは肌に負担がかかり、美顔どころかしわ、たるみ、シミまで引き起こすことがあるので要注意です。いつでもコロコロできて簡単ですが、長時間やらないように気をつけることです。 クレンジングをするときについでに顔をマッサージしたり、乳液や美容液をつけるときにマッサージするのも肌に負担になります。顔をマッサージするときは、必ずマッサージ用のクリームを使ってすることをオススメします。